Web標準とは?

Web標準とは国際的な標準化団体W3C(World Wide Web Consortium)によって勧告された標準的なWeb関連技術の総称です。
10年前くらいは Netscape Navigator と Internet Explorer の各ブラウザが独自にHTMLを拡張する流れだったため、HTML の仕様の標準化がなかなか意識されていませんでした。
Web制作に関しても「テーブルレイアウト」と呼ばれるHTMLコーディングが主流だったため、デザイン性は優れていても、HTML の文書構造がブラウザに理解されにくいという欠点がありました。

多様化するUAに対するよりどころとしてのWeb標準

Web標準が意識されるようになったのは Firefox や Opera などWeb標準に準じたエンジンを搭載したブラウザが登場するようになったことが1つの要因として挙げられます。また、現在はPC環境だけでなく、携帯端末やゲーム機などの User Agent の多様化が進んでいます。
今後、登場してくる User Agent はWeb標準をベースに実装される流れが予想でき、Webブラウザをはじめ、あらゆる環境で正しい表示ができるWebサイトが求められる傾向になっていくでしょう。
そのためにWeb標準およびアクセシビリティはWeb運営の基本と考えます。

Web標準対策

多様化するUAに対するよりどころとしてのWeb標準

Web標準対策として文書構造とデザインの分離と「アクセシビリティ」の確保を基本とします。
また、コンテンツの内容によって「ユーザビリティ」の検証やクライアントニーズに即したSEO対策を施します。場合によっては「国際化」などが考えられます。

Web標準化による主なメリット

ページの先頭へ